フランス・リーグアンのリヨンで会長を務めるジャン・ミシェル・オラス氏が、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール獲得を試みるパリ・サンジェルマン(PSG)に対してリスクが高いと忠告した。25日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 PSGはネイマールに設定されている契約解除金2億2200万ユーロ(約288億円)を支払う準備が出来ていると報道されていた。また、同選手の獲得に成功すれば週給50万ポンド(約7300万円)という高額な給与を払い続けることになる。

 オラス氏は「もし、この話が本当ならフランスサッカーの経済にプラスになるかはわからない。私は経済アナリストという視点から見ているが、5年間で5億ユーロ(約652億円)以上の投資になる。付加価値を加えつつ経済的な均衡も考えなければならない。そう考えると非常に危険だと思う。イングランドのように放映権料の約30億ユーロ(約3900億円)が入ってくるわけではないから」と答えている。