リバプールに所属するブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョがバルセロナへの移籍で個人合意に達しようだ。カタルーニャラジオ『RAC1』の報道を引用しスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 同紙によると、コウチーニョは既にバルサとの契約に個人合意しており、残すはクラブ間での交渉のみという状況であるという。移籍金は8000万ユーロ(約104億円)を超える額となる見込みで、詳細は今後両者の話し合いで決まっていくようだ。

 一方リバプールの指揮官ユルゲン・クロップ監督は先日コウチーニョについて「売りに出していない」と移籍を容認しない意思を示していた。それだけに、バルセロナとしては個人合意には達したものの、クラブ側との交渉には少々手を焼くことになるのではないか。

 現在バルセロナのFWネイマールにクラブを退団する可能性が浮上しているため、コウチーニョはもしバルセロナ加入が実現すれば同選手が務めていたポジションで出場することが予想される。