マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリントは、SNSで写真とコメントを投稿するにあたって痛恨のミスを犯してしまった。25日付の『ミラー』など英複数メディアが伝えている。

 ブリントが25日に自身のインスタグラムで投稿したのは、ユナイテッドの2017/18シーズンの新たな3rdユニフォーム。グレーを基調とした新デザインのユニフォームを着た写真に、「アディダスの新しい3rdユニフォームを着て次の試合へ準備完了!」というコメントやハッシュタグなどが添えられていた。

 だが問題は、そのコメントの前にもうひとつの文が表示されていたことだ。「やあ、この写真を君のソーシャルチャンネルで、以下のコピーと一緒に投稿してくれるかい?」という一文だった。どうやらブリントは、代理人などから送られてきた投稿依頼の、削除すべき部分を削除せずに投稿してしまったようだ。

 その後、投稿はすぐに削除された上で、不要な部分を削除した「正しい」投稿が改めて行われたとのこと。だが、すでに最初の投稿はキャプチャ画像として保存されてメディアに出回り、ブリントは思わぬ失態を晒すことになってしまった。