メキシコのパチューカへ移籍した日本代表FW本田圭佑の試合は、日本でも観戦できるようになるかもしれない。本田自身を含むグループからテレビ放映権獲得のオファーを受けていることをパチューカ会長が明かした。

 パチューカのヘスス・マルティネス会長が『ESPN』のインタビューに語ったとしてメキシコ複数メディアが伝えたところによれば、本田の出場が見込まれるパチューカの試合の放映権購入に向けて、日本からのオファーが届いているようだ。

「テレビ放映権に関してだが、選手本人が買いたいというオファーがある。彼は150人以上が働く会社を持つ男だ」とマルティネス会長は述べ、本田を中心として生まれるビジネスの巨大さを強調している。

「どの局になるのかについては断言できない」としながらも、「パチューカの試合が日本で放送されるようになるのは間違いないと思う」と会長は見通しを述べた。

 本田は現地時間23日に行われたシーズン開幕戦を欠場。負傷を抱えており、復帰には「3〜4週間が必要」だと監督は試合後に話していたが、本田自身はツイッターで「もう少し早く復帰できると思う」とコメントしている。ピッチに復帰する頃には放映権契約も完了していることになるかもしれない。