JリーグYBCルヴァンカップ、プレーオフステージの第2戦が26日に開催され、セレッソ大阪FC東京がノックアウトステージ進出を決めた。

 今季より新たな大会方式が採用されたルヴァン杯では、決勝トーナメント進出チームを決めるためプレーオフが行われる。グループAの2位FC東京とグループBの3位サンフレッチェ広島、グループAの3位セレッソ大阪とグループBの2位北海道コンサドーレ札幌がそれぞれ対戦した。

 アウェイでの第1戦に2-0の勝利を収めて優位に立っていたC大阪は、札幌をホームに迎えた一戦でも26分に福満隆貴のヘディングで先制。これが決勝点となって1-0で勝利を収め、2試合合計3-0で勝ち進んだ。

 FC東京も同じく、アウェイで広島に対して1-0で先勝していた。ホームでの第2戦でも64分に室屋成のミドルが決まって先制し、そのまま2試合合計2-0でノックアウトステージ進出を決めた。

 ノックアウトステージにはC大阪とFC東京のほか、グループA首位のベガルタ仙台、グループB首位のヴィッセル神戸、およびAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場していた鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪が出場。今月31日に組み合わせ抽選会が行われる。