レバークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノは同クラブを離れたい意思を持っているようだ。26日付けの独紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』が報じている。
 
 レバークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノは同クラブを離れたい意思を持っているようだ。26日付けの独紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』が報じている。

 現在25歳のレノは同紙のインタービューで「他のチームからのオファーはある」としたうえで「2018年のロシア・ワールドカップを考えた中で来季はチャンピオンズリーグでプレーしたい」と移籍を希望する理由を語った。

 クラブからはレギュラーとしてプランされているようだが「ここ2年以上国際大会から離れているのは問題だ」と本人の移籍の意思は固いようだ。

 先月行われたコンフェデレーションズカップ2017ではドイツ代表としてオーストラリア戦に出場したレノ。しかしこの試合で2つのミスが失点につながるなど精彩を欠いたパフォーマンスを披露してしまった。現状、代表では第3GKとしての地位を認めたうえで「決してあきらめることはしない」と来年に控えるW杯でレギュラーとしてプレーする意欲を示している。

 なお、移籍の意思を表明しているレノだが、今のところ具体的なオファーは届いていないようだ。