稀代のゴールゲッターによる〈第二章の幕開け〉

 マンチェスター・ユナイテッドから古巣であるエバートンに復帰したウェイン・ルーニー。ユナイテッドではクラブ最多となる通算ゴール数を記録していたものの、昨季は出場機会が激減。復活を期しての移籍となる。イングランド屈指のストライカーは、勝手知ったる古巣のクラブで完全復活を遂げることができるだろうか。(文:粕谷秀樹)

——————————

 ウェイン・ルーニーの本性は〈暴れ馬〉である。マンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた当時は、〈名調教師〉サー・アレックス・ファーガソン〉に去勢されかけたこともあったが、凡庸なイエスマンにだけはならなかった。

 ファーガソンが弄した「あの子はトランスファーリクエストを提出した」という情報操作にも決して屈せず、ユナイテッドで確固たる地位を築いたのである。

 クラブの方針で近年は便利屋として使われ、ルーニー本人もコンディションを崩すケースが多かったものの、通算ゴール数はクラブ最多の253を記録し、個性派ぞろいのチームをキャプテンとしてまとめてきた。ユナイテッドの歴史に名を残す選手のひとり、といって差し支えない。

 それでも、ルーニーは必要とされなかった。新シーズンのFW陣はロメル・ルカクを中心に、マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシアル、ヘンリク・ムヒタリアン、ファン・マヌエル・マタ、ジェシー・リンガード。年末、もしくは来年1月にはズラタン・イブラヒモビッチと再契約する予定であり、成長著しいアンドレアス・ペレイラも定位置争いに加わってくるだろう。ルーニーの居場所は完全に失われた。

 人間だれしも転機が訪れる。ルーニーの場合、もはやユナイテッドに残る意味はなくなった。彼を必要とし、ある程度の出場機会が見込まれるエバートンへの移籍は、古巣へのカムバックというノスタルジックな意味だけでなく、稀代のゴールゲッターによる〈第二章の幕開け〉だ。

 ユナイテッドを覆いつくす特異なプレッシャーではなく、「ローカルライバルのリバプールより1ランクでも上なら幸せ」という自由な感覚が、ルーニーの野性を呼び起こす可能性は十分すぎるほどあるだろう。ことし10月で32歳。まだまだ老け込む歳ではない。

「ルーニーは依然として世界でもトップクラスのアタッカーだ。試合数をこなしながらフィジカルフィットネスを整えていけば、20ゴールは期待できる」

 ロナルド・クーマン監督も、超大物の帰還を手放しで喜んでいた。

プレシーズンの動きはGOOD! ルーニー〈完全復活〉なるか

 さて、昨シーズンのエバートンはルカクの大活躍により、7位に入った。しかし、25ゴールを決めたアタッカーは出来高込みの9000万ポンド(約130億5000万円)という莫大な財を残し、ユナイテッドに移籍した。

 経済的には大きなプラスだが、戦力的なダウンは否めない。近年のパフォーマンスを比較しても、ルカクはルーニーを上まわる。それでもクーマン監督は、さして心配していなかった。

「戦術理解度でルーニーはルカクにまさっている。彼の経験値もルカクにはない強みであり、エバートンに欠けていたピースだ」

 クーマン監督はお世辞をいうタイプではない。よくいえば正直者、わるくいえば超KY。黙って見過ごせばいいものを、余計なひと言でヒンシュクを買った経緯がいくつもある。もちろん、ルーニーのプライドをくすぐるリップサービスも含まれているのだろうが、大黒柱として期待していることは間違いない。

 かつて、守備をしないクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー)のエリアまでカバーしていた。移籍直後で右も左も分からないカルロス・テベス(現上海申花)、朴智星(現ユナイテッド・アンバサダー)とリズムを合わせ、香川真司(現ボルシア・ドルトムント)のプレー意図をだれよりも早く理解したルーニーのことだ。

 新天地エバートンでも、連係を磨きあげるまでに多くの時間は必要としないだろう。イドリサ・ゲイエ、モルガン・シュネデルランなど、ボール奪取能力に優れたMFを擁しているため、守備面におけるルーニーの負担も軽減されるに違いない。プレシーズンマッチの動きもSO GOODだ。

 さぁ、ルーニー〈完全復活〉なるか!?──。

 楽しいシーズンが、まもなく開幕する。

(文:粕谷秀樹)