マンチェスターユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、昨季までクラブに所属していた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて“偉大なリーダー”として賞賛の言葉を贈った。英紙『ESPN』が伝えた。

 共に昨季ユナイテッドへと加入した両者は、チームの中心戦力として国内リーグカップやヨーロッパリーグ優勝に貢献した。イブラヒモビッチはクラブとの契約が1年であったため今夏で退団となってしまったが、ポグバは今でもその影響力は絶大なものであると語っている。

 「彼は未だに偉大なリーダーだよ。例えプレーしていなくても、ピッチの外でリーダシップを発揮するんだ」

 また、これからは自身がリーダーとしてチームを引っ張っていかなければならないという自覚を感じられるようなコメントも残した。

 「僕らはここでプレーヤーとしてだけでなくリーダーとして成長しようとしている。僕は彼(イブラヒモビッチ)やキャリック、すべての人から学んでリーダーになるんだ」

 現在負傷離脱中で移籍先も決まらないイブラヒモビッチだが、ユナイテッド復帰も選択肢として噂されている。わずか1シーズンで強力なインパクトを残した怪物FWの古巣復帰は実現するのだろうか。