アーセナルは、2017/18シーズンに着用するアウェイユニフォームのデザインを発表した。

 ホームはクラブ伝統の赤と白を基調としたデザインとなった一方、アウェイユニフォームはドットグラフィックでグラデーションする2トーンのブルーカラーを採用し、モダンでスタイリッシュなデザインに仕上がった。

 新しいアウェイユニフォームは7月29日に行われるエミレーツカップのベンフィカ戦でお披露目される予定だ。

 今季のアーセナルはシャルケからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ、リヨンからフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを補強。

 シーズン開幕の前哨戦となるコミュニティシールドでプレミアリーグ王者のチェルシーと対戦し、リーグ開幕戦では日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティと対戦する。