フローニンゲンの夢…レジェンド・ロッベンの帰還

 U-20W杯で活躍し、ガンバ大阪からオランダ1部のフローニンゲンへと移籍した堂安律。新天地での挑戦をスタートさせた19歳は、移行期を迎えたクラブでどれほどの活躍が見込まれているのだろうか。欧州でのキャリアを成功させるために何が必要なのか。そして、フローニンゲンが思い描く夢のあるストーリーの一部になれるのだろうか。(取材・文:中田徹【フローニンゲン】)

—–

 ハンス・ナイラント社長とともに大阪へ飛び、堂安の獲得にあたったペーター・イェルテマTM(テクニカル・マネージャー)はすでに9月1日で退団することが決まっている。後任のロン・ヤンスは1年契約だが、ナイラント社長は長くクラブに留まってくれることを望んでいる。

 ヤンスは80年代前半にフローニンゲンがUEFAカップで活躍した頃の左ウィンガーだった。やがてフローニンゲンは低迷期を迎えたのだが、ヤンスは2002年10月から監督に就任してチーム内外のネガティブムードを吹き飛ばし、再びフローニンゲンをサブトップ(中堅上位クラブ)に引き上げた。

 クラブ責任者として20年、社長を務めるナイラント、そしてチーム力を引き上げたヤンスの2人は、現在のフローニンゲンを築いた立役者と言える。

 そして、もう1人、フローニンゲンと赤い糸で結ばれた人物がいる。それはアリエン・ロッベン(現バイエルン・ミュンヘン)だ。2000年、当時16歳でトップチームに昇格したロッベンは、プロ1年目にしてチーム内MVPに選ばれ、2シーズンだけフローニンゲンでプレーすると、PSV、チェルシー、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンとビッグクラブで活躍し続けた。オランダ代表でも今なお欠くことの出来ないレジェンド、ロッベンは頻繁にノールトリース・スタディオン(フローニンゲンの本拠地)を訪れている。

 いずれ、ロッベンがフローニンゲンに戻って何か役職に就くことは、ナイラント社長もロッベン本人も願っていることだ。しかし、ナイラント社長の夢は、ロッベンが現役最後のシーズンをフローニンゲンでプレーすることである。

 引退間際にロッベンがフローニンゲンに!? いや、それはありえない……。そんな話がまたオランダで再燃するだろう。堂安を追う日本人ファンにとっても夢のある話だ。

移行期にあるフローニンゲン。堂安にチャンスあり?

 ちょうど新旧テクニカル・マネージャーのイェルテマとヤンスの端境期にあたる、この夏の移籍市場だが、かなり高い確率でミムン・マヒがチームを去りそうな雰囲気だ。先の冬の市場ではマヒに対するフルハムからのオファーを断ったフローニンゲンだが、今回はブルサスポル(トルコ)や複数のチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブからオファーが届いているようで、7月22日のプレシーズンマッチ・グラナダ戦ではベンチスタート、26日の練習は病欠した。

 元々フローニンゲンの攻撃陣は少数精鋭主義で、層はかなり薄い。ストライカーはラルス・フェルトワイクとトム・ファン・ウェールトがいるが、トップ下やサイドハーフとなるとウサマ・イドリッシ、イェスパー・ドロスト、堂安律、マヒと駒の数は乏しい。もし、彼らに何か起これば若手選手を抜擢するしかない。自ずと堂安には多くの出場機会が与えられるだろう。

 7月22日にフローニンゲンは、地元ノールトリース・スタディオンでグラナダ(スペイン2部)とプレシーズンマッチを行い、2-2で引き分けた。フローニンゲンのフォーメーションは4-4-1-1で、堂安は右サイドハーフとしてプレー。トップ下をドロスト、左サイドハーフをイドリッシが務め、ストライカーには今季加入したばかりのフェルトワイクが入った。
 
 前半、フローニンゲンが決めた2ゴールには、彼らの特徴がよく出ていた。9分、イドリッシの先制ゴールは、身長190cmの巨漢ストライカー・フェルトワイクの良さが出たもの。右SBマイク・デ・ウィーリクの縦パスを、フェルトワイクは巧みに右足ヒールでコントロールし、豪快なシュートでGKを襲った。このこぼれ球にイドリッシが詰めたのだ。

 15-16シーズン、ズウォーレ時代に14ゴール9アシストを決めて、ノッティンガム・フォレスト(イングランド)、コルトワイク(ベルギー)と海外に挑んだが結果を残せず、昨季後半戦からノルウェーリーグのオーレスンで復調を果たしてから、フローニンゲンに加入した。その馬力はグラナダのDFをパニックに陥れることもあり、サポーターもかなり驚いていた。正真正銘のストライカーを得て、今季のフローニンゲンには攻撃のバリエーションが増えるはずだ。

 2点目は、昨季の特徴でもあったテクニシャンたちのショートパスによる崩しから生まれた。22分、ルックアップしながら堂安がボールを敵陣深い位置に持ち込むと、そこからドルスト→バクーナ→イドリッシ→バクーナと小気味よくパスが回って、中央からグラナダ守備網を突破してしまった。最後はバクーナが相手GKとの1対1を冷静に決めた。

明確に課題を認識。守備での振る舞いが成長の鍵に

 8月に20歳になるジュニーニョ・バクーナは、ドイスボランチ(2人のボランチ)の1人。少し引き気味のポジションからタイミングよく攻撃に絡んでフィニッシュまで関わっていく。18分には堂安のボール奪取から、バクーナと2人でワンツーを繰り返して右サイドを崩すシーンも見られた。

 60分間出場した堂安は、右サイドでのプレーに関し次のように振り返った。

「やっぱり右サイドは、(自分の)課題を克服できるポジションだと思います。運動量は自分の嫌いなところでもありますし、そこをやることによって(課題が克服できる)。これからステップアップすれば、絶対に(運動量が)求められてくると思うので、トップ下という好きなところだけやっていてもダメだと思う。そこはポジティブにとらえています。でも、トップ下のほうが、攻撃でもイメージがしやすいですけれどね」

 グラナダは2部に降格してしまったとは言え、昨季までプリメーラ・ディビジョン(1部)で戦っていたチームだ。これまでのプレシーズンマッチの相手と違って、堂安も守備に回る時間帯が多かった。

「(守備は監督から)結構、要求がありますね。守備に関しては今日は出来たと思うので、あとは攻撃でどこでどう自分が色を出すか。こういう環境で自分をどう出せるかーー。そういうところが大事なところだといます」

 小技の効いた選手の揃ったフローニンゲンではあるが、リーグ戦では堂安が守備に奔走するシーンが頻繁にあるだろう。グラナダ戦の18分に見せたように、相手のボールを奪ってから、味方とのコンビネーションで一気に縦を突くーー。「ああいうプレーが3回、4回と増えていかないとダメだと思う。今日は、あのシーンしかなかったかなと思います。それが増えていけばいいですね」と堂安は、「守」から「攻」の切り替えから相手を崩し切る回数を増やしていくことを課題に挙げていた。

(取材・文:中田徹【フローニンゲン】)