リバプールのMFフィリッペ・コウチーニョは、バルセロナ移籍に前向きなようだ。スペイン紙『スポルト』は、同選手が給料カットを受け入れる準備があると伝えている。

 コウチーニョは今年1月にリバプールとの契約を延長した。リバプールに放出の意思がないことは明らかだが、選手の気持ちは現在、バルセロナにあるものとみられている。

 同紙によると、コウチーニョは現在の条件を下回る額でもバルセロナへ行きたいと考えており、交渉がうまく進むことを願っているそうだ。

 バルセロナは現在、FWネイマールパリ・サンジェルマン移籍が噂になっている。同選手の移籍が実現すれば、バルセロナの補強資金は十分だ。

 リバプールはコウチーニョを残すことができるだろうか。