リバプールが、RBライプツィヒのMFナビ・ケイタの獲得を断念したようだ。英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 ギニア代表のケイタは、2016/17シーズンに躍進を遂げたRBライプツィヒの中心選手だった。リバプールは同選手の獲得に強い関心を示していたが、どうやら今夏の獲得は不可能という結論に達した模様だ。

 ケイタは来年夏になると、約4800万ポンド(約70億円)の契約解除条項を行使することができる。そのためリバプールは、その額を上回るオファーを今夏提示。引き抜きを画策していた。しかし、6600万ポンド(約96億円)のオファーでもRBライプツィヒが放出を拒み、これ以上の交渉は無意味だと判断したそうだ。

 約100億円を投じてでも獲得したかった主力候補を諦めたリバプール。その金額をほかの選手に投じる予定はあるのだろうか。