レスター・シティのFW岡崎慎司は、2017/18シーズンのチームでレギュラーの座をつかめるだろうか。英紙『ザ・サン』は、ベンチスタートになる可能性が高いとみている。

 クレイグ・シェイクスピア監督率いるレスターは現在、マンチェスター・シティからFWケレチ・イヘアナチョを獲得する見通しとなっている。これをふまえて同紙は新シーズンの先発を予想した。

 『ザ・サン』は指揮官が4-4-2のシステムを採用すると考えており、中盤にはセビージャから獲得したビセンテ・イボーラが定着するとみている。2トップはジェイミー・ヴァーディーのパートナーにイヘアナチョが入るという予想だ。

 1年前、アーメド・ムサやイスラム・スリマニが加入したにもかかわらず、プレミアリーグで30試合に出場した岡崎。イヘアナチョ加入後も自身のポジションを確保できるだろうか。