アーセナルウディネーゼのMFヤクブ・ヤンクトの獲得に興味を示している。代理人のコメントを伊メディア『スポルティタリア』が伝えた。

 ヤンクトはチェコ代表のMFで、これまでにもビッグクラブからの関心が噂になった。アーセナルもたびたびスカウトを送っているようだ。

 同選手の代理人であるベッペ・リーゾ氏は「アーセナルが彼を気に入っている」と述べた上で、「彼はイングランドのフットボールが大好きなんだ」と移籍に前向きであるかのように語った。

 イタリア国内では「ユベントスインテルなども彼のことを気に入っている」とのこと。だが、選手が移籍について話すのは早いとも考えており、「彼はまだ21歳だ。まずはウディネーゼのことだけを考えなければいけない」とコメントしている。

 ヤンクトは2016/17シーズン、セリエAで29試合に出場し、5ゴールを記録していた。