ガンバ大阪 3-1 セレッソ大阪 J1 第19節】

 明治安田生命J1リーグの第19節が29日に行われ、ガンバ大阪の市立吹田サッカースタジアムでセレッソ大阪との大阪ダービーが行われた。杉本健勇に先制されるも後半に3ゴールを奪い、G大阪が3-1の逆転勝利をおさめている。

 試合開始して2分、G大阪のフリーキックから三浦弦太が頭で合わせるがボールはゴールの上を越えていった。さらに15分、新加入の韓国代表FWファン・ウィジョがスルーパスに抜け出してゴールを決めたが、オフサイドの判定によりノーゴールとなる。対するC大阪も26分に水沼宏太がシュートを放つがGK東口順昭がキャッチし得点とはならない。

 すると51分、DF裏に抜け出した杉本健勇がゴールを決めてC大阪が先制に成功する。それでも65分、左サイドから藤春廣輝がゴール前に向けてクロスを送るとファン・ウィジョが頭で合わせてG大阪が同点に追いついた。

 さらに77分、コーナーキックから三浦が頭でゴールに押し込みG大阪が逆転。86分にはアデミウソンがチーム3点目を決めた。結局、リードを守りきったG大阪が3-1の勝利をおさめている。

 吹田サッカースタジアムでは今季リーグ戦の浦和レッズ戦で34733人。昨年6月に行われたキリンチャレンジカップの35589人が過去最高だったが、今回の大阪ダービーで36177人を記録し、吹田サッカースタジアム史上最高の観客動員数を更新している。

【得点者】
51分 0-1 杉本(C大阪)
65分 1-1 ファン・ウィジョ(G大阪)
77分 2-1 三浦(G大阪)
86分 3-1 アデミウソン(G大阪)