チェルシー 1-2 インテル ICC】

 シンガポールでインターナショナル・チャンピオンズカップ2017(ICC)が行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは昨季プレミアリーグ王者のチェルシーと対戦。ヨベティッチなどがゴールを積み重ね、インテルが2-1の勝利をおさめている。

 長友はこの日もスタメン出場を果たした。前半アディショナルタイムにインテルはPKのチャンスを獲得する。このPKからステバン・ヨベティッチが決めてインテルが先制。後半開始直後にもヨベティッチがゴールを決めたが、これはオフサイドの判定となりノーゴールに終わる。

 53分にはカウンターからイバン・ペリシッチが追加点を決めた。しかし75分、ジョフレイ・コンドグビアが自陣のゴールから遠く離れた場所で浮き玉のバックパスを送ると、ボールはそのままゴールに吸い込まれオウンゴールでチェルシーに1点を返されてしまう。

 87分にも裏に抜け出したチェルシーの選手にゴールを決められるが、オフサイドの判定により失点を免れた。結局、インテルは2-1の勝利をおさめている。

【得点者】
45分+3分 0-1 ヨベティッチ(インテル)
53分 0-2 ペリシッチ(インテル)
75分 1-2 オウンゴール(チェルシー)