J1リーグの鹿島アントラーズが29日、チームに所属する30歳のブラジル人FWペドロ・ジュニオールが負傷し、チームドクターによる検査の結果「左第5中足骨骨折」であることが判明したと発表した。

 クラブの発表によると、28日の練習中に負傷したという。復帰までに約2ヶ月かかるようだ。今季ヴィッセル神戸から鹿島に加入したペドロは現在までにリーグ戦16試合に出場し7得点を記録。AFCチャンピオンズリーグでは5試合出場で3得点決める活躍を見せていた。

 チームトップの得点数を叩き出している選手なだけに、鹿島にとっては同選手の負傷離脱は痛手と言えるだろう。ただ、チームは29日に行われたヴァンフォーレ甲府戦で3-0の勝利をおさめ、首位のセレッソ大阪と勝ち点1差に迫っている。