現地時間29日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、マンチェスター・シティがトッテナムに3-0で勝利した。

 2016/17シーズン・プレミアリーグの2位と3位の対決。トッテナムからシティへ移籍したウォーカーに対しては、アメリカのトッテナムファンからもブーイングが起きた。

 前半から積極的に仕掛けたのはシティ。10分には早くも先制点を奪う。デ・ブルイネのFKが壁に当たってコースが変わると、ゴール前のストーンズが反応してゴールを決めた。

 その後、なかなか得点は生まれないが、シティのペースは続く。ガブリエウ・ジェズスやアグエロが決定機を逃したが、チャンスはつくっていた。

 追加点が決まったのは72分だった。ハーフウェーラインを越えたナスリのスルーパスがスペースに出ると、抜け出したスターリングが冷静に決めて2-0となる。

 アディショナルタイムには17歳の若手ディアスにもゴールが生まれて、3-0で試合終了。シティが快勝した。