メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーの会長は、マンチェスター・ユナイテッドを退団した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を望んでいることを公言しつつ、選手本人の希望は「欧州に残ること」だと語った。29日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 昨夏に加入したユナイテッドで年齢を感じさせない活躍を見せていたイブラヒモビッチだが、4月に膝を負傷して長期離脱。1年契約となっていたユナイテッドとの契約は延長されず、そのままユナイテッドを退団することになった。復帰は年明け以降になるとみられているが、プレー続行への意欲を示しており、回復後の去就が注目されているところだ。

 ギャラクシーのクリス・クレイン会長は、「我々はズラタンとも彼の代理人とも非常に良い関係にある。彼は我々のクラブのことが大好きで、ロサンゼルスのことが大好きだ。我々は彼に関心を持っている」とイブラヒモビッチの獲得を望んでいることを明言した。

「今のところ彼は、欧州に残ることを望んでいると思う」とクレイン会長は語り、獲得が容易ではないことも認めつつ、「彼のような選手に対して我々のドアは開いている」と諦めない様子を見せている。

 現在ユナイテッドの施設を利用してのリハビリを認められているイブラヒモビッチは、負傷からの回復後にユナイテッドとの再契約を交わす可能性もあると予想されている。ジョゼ・モウリーニョ監督も「あり得ることだ」とコメントしていた。