アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、FWアレクシス・サンチェスの練習欠席が“仮病”によるものだと疑っているのだろうか。確認のためクラブからドクターを派遣したとも報じられている。

 チリ代表としてコンフェデレーションズカップに出場したサンチェスは、他の選手たちより遅れて30日にアーセナルに合流することが予定されていた。だが同選手は自身のSNSで厚着姿の写真を投稿し、「病気だ」とコメント。チームへの合流を遅らせることになった。

 今夏で移籍する可能性が騒がれているサンチェスは、アーセナルに合流するのを拒否するため仮病をつかっているのではないかとの見方もある。それでもヴェンゲル監督は「私の仕事は信じることだ」と話し、風邪を引いているという主張を受け入れる様子を見せていた。

 だが実際には、ヴェンゲル監督もサンチェスを疑っているのかもしれない。30日付の英紙『ミラー』などが伝えたところによれば、サンチェスが本当に風邪を引いているかどうかを確認するため、クラブからドクターを派遣したのだという。

 いずれにしてもヴェンゲル監督は、サンチェスが火曜日にはチームに合流するという見通しを述べている。すぐに移籍が決まらない限りは、アーセナルで新シーズンに向けたトレーニングを開始することになりそうだ。