パリ・サンジェルマン(PSG)が3日、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールを獲得したと発表した。契約期間は5年間で2022年6月までとなっている。

 史上最大級の大型移籍がついに実現した。PSGはバルセロナへ契約解除金2億2200万ユーロ(約288億円)を支払い、長く続いたネイマール獲得交渉を成功させた。契約年数は5年で、年俸は3000万ユーロ(約39億円)となるようだ。

 ネイマールは2013年夏にサントスからバルセロナへと加入し、合計4シーズンを戦った。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと共にMSNトリオを結成し、チャンピオンズリーグ優勝や国内リーグなど多くのタイトルを獲得したが、ここ1,2シーズンはパフォーマンスにムラが出始めていた。また、クラブの絶対的存在であるメッシの陰となっていたこともあり、それが今回移籍を決断した最も大きな理由となったようだ。

 様々な噂や憶測を呼んだ末にPSG移籍を実現させたネイマール。果たして今後フランスの地でどのような活躍を見せるのだろうか。