現地時間31日、バイエルン・ミュンヘンはハサン・サリハミジッチ氏のスポーツディレクター(SD)就任を発表した。契約期間は2020年まで。

 バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO記者会見で「彼はとても勤勉で真面目な人間だ。それに5ヵ国後も話すことが出来る。さらに大きなネットワークも持っているので我々は彼に全幅の信頼を寄せている」と話した。

 続けてサリハミジッチ氏は「私は24時間、週7日いつでも選手のために準備している。現役時代、常に100パーセントの力を出していたようにこの仕事も全力を尽くす。大きな成功を勝ち取れることを確信している」と意気込みを語った。

 現在40歳のサリハミジッチ氏は現役時代にハンブルガーSVユベントスなどでプレーしていた。バイエルンでは1998年から2007年までプレーした経験を持つ。その間リーグ優勝6回、ドイツ杯(DFBポカール)優勝4回、そして2000/2001シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げている。