インテルは2日、フィオレンティーナ(愛称:ビオラ)に所属していたウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノの獲得が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 インテルとベシーノとの契約は2021年6月30日までの4年間となる。移籍金は明らかにされていないが、フィオレンティーナとの契約に設定されていた契約解除金2400万ユーロ(約31億5000万円)を2回に分割して支払う形になると報じられている。年俸は300万ユーロ(約3億9000万円)となるようだ。

 現在25歳のベシーノは2013年にフィオレンティーナに加入。カリアリエンポリへのレンタルを経て過去2シーズンはフィオレンティーナでレギュラーポジションを獲得し、中盤の主力として活躍していた。昨季はセリエAで31試合に出場して3得点、公式戦合計で40試合に出場して4得点を記録した。

 インテルはこの夏の移籍市場で、フィオレンティーナからスペイン人MFボルハ・バレロも獲得している。同じチームの中盤から2人目の引き抜きとなった。