フランス・リーグアンのカーンに所属する19歳のU-21フランス代表MFヤン・カラモウが、移籍先をインテル一本に絞っているようだ。2日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、カラモウに対してはインテルの他にアーセナルやマンチェスター・シティも獲得交渉に乗り出しているとのこと。しかし、カラモウはインテル移籍を望んでいるという。

 カーンの要求額1000万ユーロ(約13億1000万円)に対してインテルはその半分の500万ユーロ(約6億5500万円)のオファーしか提示していない。アーセナルはインテルを上回る金額のオファーを提示している。

 だが、2018年6月で契約が切れるため移籍金獲得のために売却を急いでいること、本人がインテル移籍しか望んでいないことを踏まえると、要求額の半分で移籍が成立する可能性もありそうだ。