現地時間2日にチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグの試合が行われ、フランス・リーグアンのニースはオランダ1部のアヤックスと対戦。コートジボワール代表MFジャン・セリの活躍などで、ニースは2-2の引き分けに持ち込んだ。2戦合計3-3となったが、アウェイゴール差により、ニースがCLプレーオフ進出を決めている。

 ホームで行われた1stレグでは、セリのアシストからマリオ・バロテッリがゴールを決めて先制するも49分に失点し1-1の引き分けで終わっていた。そして迎えた敵地での2ndレグ。試合開始して3分にスケのゴールで先制するが、26分に同点ゴールを決められる。

 さらに57分にもアヤックスのサンチェスに得点を許し逆転されてしまった。それでも79分、プレアのスルーパスに抜け出したセリがダイレクトでヒールパス。意表を突かれたアヤックスは反応が遅れ、ゴール前に飛び込んだマルセルが貴重な同点ゴールを決めている。

 2戦連続アシストを記録したセリに関しては、アーセナルが興味を示しているとの報道があった。移籍ウィンドウが閉じる前にオファーを出す予定だと伝えられている。同選手は昨季公式戦39試合に出場し7得点9アシストを記録。中盤の要として活躍しチームのリーグ3位入りに貢献していた。