バルセロナからパリ・サンジェルマン(以下PSG)への移籍がほぼ確実なものとなっているブラジル代表FWネイマールは、チームへ加入後、早速背番号10を背負うことになるかもしれない。仏紙『la Ser』が伝えた。

 移籍金2億2200万ユーロ(約288億円)という額にも表れているように、PSGにおけるネイマールへの期待は並々ならぬものである。その期待は既にクラブに所属する一部の選手も抱いているようで、その一人が現在背番号10をつけているアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレだ。

 2011年夏にイタリアのパレルモからPSGへと加入したパストーレは、当時は現在のネイマールのように大きな期待を寄せられていた。結果、あまり大きなインパクトを残すには至っていないものの、元エースのFWズラタン・イブラヒモビッチがクラブを去った昨季は背番号10を授けられていた。

 今回パストーレは超ビッグネームであるネイマールの加入を喜び、エースナンバーを譲ることを提案しているという。本人も「最初の日から、僕たちと一緒にいることを幸せに感じてほしい」とコメントしているようで、ネイマールが背番号10を背負うことは濃厚と見られている。

 なお、移籍の可能性が薄いパストーレは、今季もクラブに残り一昨季までの27番をつけてプレーすることになりそうだ。