ユベントスが中盤の大物選手2人を獲得候補としてリストアップしているようだ。伊紙『ラ・スタンパ』の報道を引用しスペイン紙『アス』が報じた。

 ネイマールパリ・サンジェルマン移籍がほぼ確実なものとなってきた今、その代役としてユベントスのエースFWパウロ・ディバラがバルセロナに狙われている。本人はユベントスへの忠誠を誓っているものの、クラブ側は万が一の状態に備えて新たに2人のビッグネームに目をつけている。

 それはレアル・マドリー所属のドイツ代表MFトニ・クロースとパリ・サンジェルマン所属のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティであるようだ。特に前者はユベントスにとって理想のターゲットとなっているが、マドリーでのクロースの重要度は非常に高く、さらに指揮官のジネディーヌ・ジダン監督は絶大な信頼を置いているため、実際には現実的なプレンではないという見方がなされている。

 ネイマールの退団により、その後釜探しとして様々なクラブの主力選手がバルセロナに狙われている。狙われているクラブは、ユベントスのように万が一の場合に備えた補強プランを立てていかなければならなくなるかもしれない。