フランス・プロサッカーリーグは3日、ブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマン移籍を全面的に支援することを公式サイト上で宣言した。

 ネイマールはバルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍が決定的になっている。選手はクラブに退団の意思を伝え、パリ・サンジェルマンは契約解除金の2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金を支払うつもりだ。

 だが3日、スペイン・プロリーグ機構はネイマール側が準備した契約解除金の受け取りを拒否。スペイン・プロリーグ機構は以前、パリ・サンジェルマンがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触すると指摘し、「契約解除金を受け取らない」と語っていたが、そのとおりになった。

 これに対してフランス・プロサッカーリーグは、「理解できない」「ラ・リーガにはFIFAのルールを遵守するように要求する」と非難。パリ・サンジェルマンを支持すると声明を出した。同リーグの弁護団もパリ・サンジェルマンをサポートする準備があるとしている。

 実際、契約解除金を支払うパリ・サンジェルマンの動きを阻止するのは困難とみられている。歴史的な移籍は、完了目前にリーグ同士のバトルを引き起こした。