欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、2016/17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のポジションごとの最優秀選手選出に向けた最終候補3名ずつを発表した。4つのポジションの計12名の最終候補のうち、半数にあたる6名がCL王者レアル・マドリーからの選出となった。

 GKは、惜しくもマドリーに敗れて準優勝に終わったユベントスの守護神ジャンルイジ・ブッフォンのほか、バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアー、アトレティコ・マドリーのヤン・オブラクの3人が最終候補に残っている。

 DFはマドリーからマルセロとセルヒオ・ラモスの2人を選出。ユーベからは、この夏ミランへ移籍したレオナルド・ボヌッチが候補入りしている。

 MFは3人の最終候補をマドリー勢が独占し、カゼミーロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチが受賞を争うことになった。

 FWには、12得点で大会得点王に輝いたマドリーのクリスティアーノ・ロナウドと、11得点でロナウドに続いたバルセロナリオネル・メッシ。さらにユーベからパウロ・ディバラが最終候補に選ばれた。

 各ポジションの年間最優秀選手は今月24日にモナコで行われるCLグループステージ抽選会の際に発表される。UEFA年間最優秀選手も合わせて発表される予定となっている。