インド・スーパーリーグ(ISL)のアトレティコ・デ・コルカタは4日、元アイルランド代表FWロビー・キーンの獲得が決定したことを発表した。

 現在37歳のキーンはアイルランド代表として歴代最多の146キャップと68得点を記録。クラブレベルではリーズやトッテナム、リバプール、セルティックなどで活躍した。メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでもエースとして6年間にわたり活躍したが、昨年11月に同クラブを退団して以来フリーとなっていた。

 毎年各国の大物スター選手が参戦して話題となっているISLは、10月から12月にかけて短期間のリーグ戦が行われる。アトレティコ・デ・コルカタは元イングランド代表のテディー・シェリンガム氏を新監督に任命しており、キーンはトッテナム時代のチームメートとインドで再会することになる。

「キャリアのこの段階を迎え、アジアで新たなリーグや文化を体験できるというオファーは魅力的に感じられた。現在のISL王者に加入できるのは大きな喜びだ」とキーンはコメントしている。