マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFフアン・マタは、自身の年俸の1%をチャリティー目的で寄付することを表明し、他の選手たちにも賛同を呼びかけている。4日に自身のブログに記した。

 マタは、サッカーを通して社会の改善に貢献することを目指すNGO「ストリートフットボールワールド」の行うチャリティーキャンペーン「コモン・ゴール」に寄付を行うとのことだ。英メディアによればマタのユナイテッドでの年俸は700万ポンド(約10億1000万円)だとされており、その1%にあたる約1010万円が寄付されるということになる。

 インドのムンバイを訪れ、そこで目にした貧困の実情に衝撃を受けたというマタは、「小さな活動だが共有すれば世界を変えることもできる。僕はこの活動を先導するが、一人になりたくはない」と述べ、理念に賛同して寄付を行う選手が他にも表れるよう呼びかけた。

 まずは11人の賛同者による「コモン・ゴール・スターティングイレブン」を作ることを最初の目標としつつ、さらに大きな目標も掲げている。「長期的な目標は、サッカー産業の収益全体の1%を、草の根サッカーを通したチャリティーに充てることが目標だ」とマタは述べた。