【川崎 1-1 FC東京 J1リーグ第20節】

 5日にJ1リーグ第20節の試合が行われ、川崎フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場でFC東京との“多摩川クラシコ”が行われた。お互いに1ゴールずつ奪い合い、川崎とFC東京の試合は1-1の引き分けで終わっている。

 試合開始して45分、DF裏に抜け出した小林悠がゴール前に折り返すと、阿部浩之がタイミングを合わせてシュートを放った。しかし、ボールはゴールポストに当たり川崎は先制のチャンスを逃している。

 すると50分、FC東京の太田宏介がゴール前に向けてクロスボールを送ると、中島翔哉がヘディングで合わせて先制点を決めた。その後もお互いに白熱した攻防が続くと、89分には川崎のコーナーキックから谷口彰悟が頭で合わせて同点ゴールを決める。結局、25043人の観客が集まった試合は1-1の引き分けで終わった。

【得点者】
50分 0-1 中島(FC東京)
89分 1-1 谷口(川崎)