ユベントスパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する29歳のアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア獲得を検討しているようだ。5日に伊メディア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。

 ブラジル代表FWネイマールがPSGに移籍したことで、バルセロナは新たなFW獲得に動くと考えられており、候補の一人として名前が浮上しているのがユベントス所属のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだ。

 同メディアによると、ディバラがバルセロナに引き抜かれた場合を想定し、ユベントスもFWの獲得を検討しているという。ネイマール加入によって、退団する可能性が浮上したディ・マリアをユベントスが狙っているようだ。ネイマールの移籍騒動は、サッカー界全体を巻き込む大イベントとなっている。