メキシコ1部リーグ第3節が現地時間5日に行われ、MF本田圭佑が所属するパチューカはアウェイでロボス・ブアプに2-3で敗れた。

 コンディションが十分ではない本田が引き続き招集外となったパチューカは、前半を0-0で終えるが、後半の序盤に崩れてしまう。47分に先制を許すと、61分までに3失点。一気に勝負を決められた。

 パチューカは72分にプッチのPKで1点を返す。終了間際にはウレタビスカヤにもゴールが決まったが反撃及ばず。2-3でパチューカが敗れた。

 これでパチューカは開幕3連敗となっている。本田は苦しむチームの救世主になれるだろうか。