フランクフルトのMF鎌田大地が現地時間6日、プレシーズンマッチに出場して1ゴール3アシストの活躍を披露した。

 6月にサガン鳥栖からアイントラハト・フランクフルトへ移籍した鎌田は、ドイツ4部に降格したFSVフランクフルトとのプレシーズンマッチに先発出場。開始7分、味方のシュートがGKに阻まれたこぼれ球を押し込んで先制点を決め、幸先の良いスタートを切る。

 21分にはパスで魅せる。中盤でパスを受けた鎌田は前を向いて浮き球でDFの背後を狙う。このボールに抜け出したフルゴタが冷静に決めて、まず1アシスト。

 後半立ち上がりの47分、右サイドからのクロスをファーで受けた鎌田はヘディングで折り返してダダショフのゴールを演出。これで2アシスト目となる。

 65分のPKでリードを4点としたフランクフルトは、1点返された後の81分にトドメの5点目。裏に走った鎌田へのボールはやや短く相手DFに頭で触られるが、高く浮いたボールに反応したGKの前に体を入れてミスを誘発。こぼれたボールを後ろに下げてヨビッチがゴールを決めた。

 鎌田が1ゴール3アシストを記録したフランクフルトは、5-2で快勝。なお、MF長谷部誠は出場しなかった。