FC東京のFW中島翔哉に対して、スペイン2部のテネリフェが関心を示しているという。地元メディアの『ラ・オピニオン』が伝えた。

 テネリフェは2016/17シーズンにMF柴崎岳が所属したチーム。同クラブは1部に昇格したヘタフェへ移籍した柴崎の成功で日本人選手に対する関心を強めているとのことで、幹部が中島の動向を追っている。

 また、レスター・シティのFW岡崎慎司にもスペイン行きの可能性があると記事は伝えている。柴崎の代理人でもあるロベルト佃氏は現在、スペインでのプレーを希望する選手の要望に応えようと取り組んでいるとのことだ。