現在は無所属で元ブラジル代表FWロナウジーニョパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールについて語っている。7日付けのスペインメディア『Mundo Deportivo』が報じている。

 現地時間3日、PSGに電撃移籍を果たしたネイマールに関してロナウジーニョは「ネイマールの心は彼にとってバルセロナが最も良い場所であるということを伝えなかったのだろう」とコメントしている。

 先日、コスタリカ紙『ラ・ナシオン』が「お金は二の次でなければならない。財布がいっぱいでも心が悲しければ何も勝ち取ることが出来ない」とネイマールについて語るロナウジーニョのコメントを掲載していた。

 現在37歳のロナウジーニョはかつてPSGやバルセロナ、そしてブラジル代表としてもプレーするなどネイマールと多くの共通点を持っている。同じ道を通ってきているだけにネイマールの移籍に関しては誰よりも気にかけているのかもしれない。