プレミアリーグのブライトンが7日、オランダ1部のPSVに所属する25歳のオランダ代表MFデビー・プロッパーを獲得したと発表した。契約期間は4年間で2021年6月までとなっている。なお、移籍金の詳細については明らかにしていないが「クラブ史上最高額の移籍金」であることは明かした。

 ヘルタ・ベルリンに所属する原口元気の獲得を目指していたブライトンだが、最近ではクラブ史上最高額の移籍金でオーストラリア代表GKマシュー・ライアンを獲得し、クラブ史上最高額をさらに更新する移籍金でプロッパーを獲得するなど、他の選手に大金を投じている。

 また、レスター所属のFWトム・ローレンスと交渉を開始するなど、他の選手に関心が移っており、ますます原口獲得の可能性が遠ざかるばかりだ。移籍先が見つからなかった場合にはヘルタに残留することになる。ただ、契約延長を拒否しただけに来季までの契約は変わらないだろう。