家族と会うのもままならなかったシーズンオフ

 サッカー選手の旬の時期は人ぞれぞれ。若くして豊かな才能を満開にする花があれば、辛抱強く力を蓄え、やがて咲かせる大輪の花もある。躍進につながるターニングポイントに興味津々だ。
 今回は特別編。これまで登場してもらった晩熟型のプレーヤーではなく、育成年代から将来を嘱望されてきた小林祐希選手の話を聞いた。昨年8月、エールディビジのSCヘーレンフェーンに移籍し、定位置をつかみシーズンを戦い抜いた。この1年でプレーはどう進化したのか。異国の地での生活は、内面にどのような変化を及ぼしたのか。そして、この先の展望やいかに。(取材・文:海江田哲朗)

——————————

――エールディビジ16‐17シーズンが終了し、このオフはずいぶんと忙しい毎日を過ごされたそうですね。

「5月26日に帰国して、東北めぐりに飛騨高山、ほかにもあちこち行きました。いろんな人と会って、名刺を100枚くらい交換しましたね」

――目的は?

「ふだんからお世話になっている方々に、お礼も兼ねて会いに行くというのがひとつ。そうして動いているうちに、知り合いが興味深い話を持ってきてくれて、さらにスケジュールがタイトに。おかげで家族と会うのもままならず、今日でまだ2回目です」

――ハイ、まずそこね。こうして話している僕らの向こうでは、小林選手のお母さまが微笑んでいて、その隣には美人姉妹。栄養管理の面でサポートする鈴木稔唯さんがいて、もうすぐ仕事のパートナーである高野光司さん(東京ヴェルディユース時代からの盟友。鹿児島ユナイテッドFCでの2016シーズンをもって現役引退)が到着する。

 なにこの状況。にぎやかにもほどがありますよ。僕はそろそろライター生活20年になりますが、こんなインタビューは初めてです。

「そうですか」

――懸念されることがあります。家族の前でカッコつけて、話すことが変わってきませんか?

「変わってきませんよ。いつどこで誰がいようと、おれの話すことは変わらない」

――ああ、そうかい。

「どうぞ続けてください」

ジュビロの快進撃は「おれのおかげでしょ」

――で、帰国後は磐田へ。

「昨年8月、ヘーレンフェーンに移籍し、久しぶりのオフだったので少しのんびりしようと思ったんですけどね。代表のバックアップメンバーに入っていたので、いつ呼ばれてもいいように準備しておく必要があったんです。それでナナさん(名波浩・ジュビロ磐田監督)に電話したら、『おう、来いよ。ちょうどいま、うちも刺激が欲しいから』と言ってもらえて」

――いかにも親分肌の名波監督らしい受け入れ方。

「その頃、ジュビロは調子を落としていて、おれは紅白戦でセンターバックに入り、声を出しまくりました。すると見事に、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京と3連勝!」

――はい。

「おれのおかげでしょ」

――あのさ、それ思ってもフツー言わないんですよ。

「いや、絶対にそう。ナナさんもガンバ戦の監督会見でこのことには触れていましたから。ユウキが勝たせたと言っても過言ではないと」

――そこは名波監督の器の大きさだね。

「磐田では、シュンさん(中村俊輔)と話ができたのもいい経験でした。この人、すげえなと思ったのが、ひと回りも年下のおれに意見を求めてくるんです。『こういうときどうすればいいと思う?』と、システムや人の使い方について。シュンさんに『ユウキくんとは感性が一緒でよかったわ』と言ってもらえたのは光栄でしたね」

――とりあえず、最初に磐田か。東京ヴェルディではなく。

「率直に言いますよ。これから代表に追加招集される可能性があります。J1の練習から行きますか? それともJ2の練習から?」

――……J1。

「ですよね。そういう理由です」

東京Vへの思い。「いつかおれが社長になって……」

――まあ、ヴェルディでは6月10日の名古屋グランパス戦で即席のサイン会を開いてくれて。あれ、たくさんの人たちが喜んでいました。

「Jリーグの今後を考えて、東京のクラブがビッグにならないと面白くないでしょ。そのために自分が多少なりとも手伝えることなら。おれと光司の野望は、ヴェルディを最終的に自分たちで」

――ん、なんの話?

「ふたりで一緒に風呂に入りながら話すんです。いつかおれが社長になって……」

――出たぞ、買収の計画だ。

「光司はテキトーになんかやって」

――テキトーになんかってなんだよ。

「監督はそうだな、(高木)善朗は性格的に無理っぽいか、といった話を湯船に浸かりながら。ユースの同期だったヤツらが、いまはそれぞれ社会で揉まれ、いずれはその道のプロフェッショナルになります。個人が実力をつけ、また集まったら絶対クラブは強くなる。おれは上から自由にバンバン言って、みんなにやらせる。そういう帝国」

――どういう帝国だ。君、そのへんの王様気質、発想はユースの頃から一切変わってないね。

「この世界、イメージしたことしか起きないから。おれら、ビジネスマンとしてはアマちゃんですよ。それはわかってます。いろんな大人がああだこうだ言ってきます。でも、こうして動きながら少しずつ形になっている気はしてて、いずれはみんなで一緒に仕事をできるようになりたい。いまはひとつずつ作り上げていく過程が楽しい」

――現状、具体的には?

「これから会社を立ち上げます。なんでもできるオールジャンルの会社を。光司とはそこで一緒にやっていきます」

――話は戻って、今回山形県の農業生産法人・黒澤ファームを訪ねたとか。

「毎月、そこの有機米『夢ごこち』をオランダに送ってもらっているんです。むちゃくちゃ美味しいですよ」

――オランダでお米のありがたさに気づいた?

「向こうに行って、1ヵ月間まったく米を食べられなかった。パスタとパンしかなくて参りましたね。それまで米はあって当たり前だったけど、大切さを思い知らされました」

人に助けてもらっている以上、結果を出す責任を感じる

――アスリートと食は不可分の関係です。

「プロになってひとり暮らしを始め、21歳くらいまで生活面はひどいものだったと思います。朝食を食べる習慣がなく、せいぜいゼリー飲料と塩むすびを口に入れる程度。試合に出られなくてやさぐれていた時期は、外をふらついて夜の12時まで家に帰ったことがなかった。

 このままではダメだと変わろうと思ったんですよ。2013年だな。体重を一気に増やしたら、そのシーズンはけがの連続。肉離れを右足2回、左足2回、計4回やりました」

――よくもまあ、そんなに。

「その後、鈴木さんと奥さんにサポートしてもらうことになって、きちんと朝ごはんを食べるようになりました。合鍵を渡し、毎朝うちまで来てもらいました。同時に生活面も変わりましたね。6時半にチャイムが鳴るから、10時過ぎには寝なければと。人から変えてもらったようなもんです。自分の力だけではどうにもならなかった」

――その効果は?

「4年間、故障ゼロですよ。練習も休んでいない。一度打撲でリカバリーを回避しただけ」

――もっと早く生活面を見直していればとは?

「そこがおれの気づくタイミングだったということ。21歳で学び、少しずつ変わり始めた。人に手助けしてもらっているから、これで自分が結果を出さなかったら申し訳が立たない。食い逃げみたいな」

――ではないですけどね。

「そういう意味でも責任とプレッシャーを感じて、プレーにいい影響があったと思います」

――いろんな人たちに助けてもらって。ひとつの小林祐希プロジェクトだ。

「そうなってますね。感謝しています」

サッカーと直接関係がないことも知りたい

――ところで、先ほど話していた飛騨高山にはどんな用向きが?

「日本酒です。ある知り合いの方が紹介してくださって、舩坂酒造店という酒蔵へ。どうやってお酒が造られているのか興味があった」

――ほう、日本酒ときましたか。

「今回、『オリジナルの銘柄をプロデュースしませんか?』というお話をいただき、喜んでやらせてもらいました。『左命 あくしゅ』限定300本。ラベルをどうするか、どんな箱にしようか、ボトルの色選びなど、みんなで話し合いながらひとつのものを作り上げていくのが好き。おれ、サッカーに直接的な関係がなくても、いろいろなことを知りたいんです。

 ほかのところでは陶芸や茶道も体験させてもらい、日本の伝統文化にたくさん触れられました。黒澤ファームの皆さんと過ごした夜も楽しかったなあ。ほかの選手たちは女の子とコンパだろうに、おれと光司は農家のおじさんたちと朝まで。カラオケじゃなくてナマオケですよ。バンドがいて、演奏してくれる。ただし、曲数は200くらいしかない」

――ビタイチ興味ありませんが、一応訊いときます。そこで披露した渾身の一曲は?

「おれはドラムを担当していたんで」

――は? ドラム? 叩けるの?

「ふつうに8ビートくらいだったら」

――驚いたね。バンドをやっていた話なんか聞いたことがない。

「中学生のとき、ゲームセンターで」

――おいおい、ドラムなめんなよ。要するにそれ『太鼓の達人』だろうが。

「基礎はそこでだいたいは」

――この世にだいたいの基礎なんかあるか。ところで小林選手、僕たちはサッカーの話をほとんどしていない。このままではまずいことになる。

「いいですよ。しましょう、サッカーの話を」

【後編に続く】