3番手からレギュラーへ。フランス1年目、メス残留の原動力に

 日本代表GK川島永嗣は、フランスで2年目のシーズンを迎える。昨季は3番手からスタートし、終盤戦でレギュラーを奪取。メスの1部残留に大きく貢献した。今季はW杯出場に向けて重要な1年であり、クラブでは新たなライバルとの競争に挑むことになるだろう。飽くなき成長への意欲がベテラン守護神を突き動かしている。(取材・文:元川悦子)

——

 8〜9月のオーストラリア(埼玉)・サウジアラビア(ジェッダ)との2018年ロシアW杯アジア最終予選2連戦を控え、8月4日にリーグ・アン(フランス1部)の2017/18シーズンが開幕する。リーグ戦でコンスタントに試合に出場することは、川島永嗣にとっての最重要テーマだ。

 新天地1年目だった昨季はトマ・ディディヨン、ダビッド・オーバーハウザーというアカデミー出身の若手GKに次ぐ3番手に位置づけられるところからスタートし、最終的には定位置を奪取。チームの1部残留の原動力となった。

 今季は川島の一歩リードで新シーズン開幕を迎えるかと思いきや、ギリシャ1部のプラタニアスへ移籍したオーバーハウザーに代わって、ベルギー2部のAFCテュビズから23歳の元フランスU-20代表GKクウェンティン・ベルナルデュが加入。新たな競争を強いられることになった。

 プレシーズンマッチを見ても、当初は川島がメインに使われていたが、開幕が近づくにつれてディディヨンを含めた3人が順番に起用されていった模様。8月5日に行われたギャンガンとの開幕戦では、年下のディディヨンに先発の座を譲る形となった。またも悔しいスタートを強いられた川島だが、正GK奪回への思いは非常に強い。新たな競争意欲を掻き立てられているベテラン守護神に、メス2年目の戦いについて聞いた。

「昨シーズンはトマとダビッドと自分の3人でポジション争いをしましたが、ダビッドは昨季限りで契約が切れた。クラブはオファーを出していたけど、残るかどうかは彼しだいだと思っていました。結果的にダビッドはギリシャへ移籍し、新たにベルナルデュが入った。今年も競争は厳しいですね。

昨季終盤に試合に出て、1部残留に貢献したということで、期待できる部分もあると思うけど、また新たな競争も始まる。とにかく、自分としてはシーズン通してフランスで試合に出たいというのがあるんで、そのための準備をしっかりしていきたいと考えています」と川島はコンディション的にもベストの状態でシーズン開幕を迎えようと意気込んでいた。

 ギャンガンに1−3で逆転負けを喫したメスだけに、今後のGK起用は流動的だ。12日の第2節・ボルドー戦以降、日本人守護神が定位置をつかめるか否か。そこは大いに注目される点と言っていいだろう。

PSGに「負けてあんなに嬉しかった」理由

 リーグ・アンでコンスタントにピッチに立てれば、世界トップクラスの経験値が飛躍的に向上するのは間違いない。

「フランスで挑戦してよかったなと思うのは、対戦できる相手のレベルが違うこと。欧州チャンピオンズリーグ(CL)でも上に行けるようなチームと戦えるし、それ以外もしっかりと組み立ててサッカーしてくるチームが多い。ベルギーやスコットランドには引いて守ってロングボールというチームが結構あったんで、やはり選手として(フランスは)やっていて楽しいですね」と彼は言う。

 川島がリーグ・アンデビューを飾った4月18日の相手は強豪パリ・サンジェルマン(PSG)だった。昨季35ゴールをマークし、得点王に輝いたエディンソン・カバーニを筆頭に、アンヘル・ディ・マリア、チアゴ・モッタらそうそうたるメンバーと対峙し、欧州トップレベルを体感する機会に恵まれた。

「あの時は自分が出るとは思ってなかったから、プレゼントをもらったような感覚だった。あそこで勝っていたら最高のシナリオだったかもしれないけど、負けてあんなに嬉しかった試合もなかったですね。シーズン通してずっと我慢し続けてきて、試合にも出られなかった自分が、求めていたレベルの相手と初めて出場したリーグ戦で対戦できて、すごい晴れやかな気分だった。負けはしたけど、負け方も劇的でしたし、こんなに気持ちのいい日はないなって感じでしたからね。

 モナコとやった時も、全然崩されていないのに、ホントに1本、2本の質の高いボールでゴールが決まり、試合も決まってしまった。その質がビッグクラブと僕らみたいな小さいクラブの差だと思います。今季はそういう相手と戦える回数が多くなる可能性はありますよね。それは1人のGKとして物凄くプラスだし、自分がレベルアップしていくためにも確実に必要なことだと思います」とベテラン守護神は神妙な面持ちで言う。

ハリル流であらわれた変化。「走り」が好調の要因に

 メスは今季も1部残留争いを強いられそうだが、1部昇格を果たした年にイングランド・プレミアリーグ制覇という偉業を成し遂げた2015/16シーズンのレスターのような例もある。サッカーは何が起こるか分からない。そこが醍醐味でもあるのだ。

「昨シーズンのウチは2部から上がってきてとにかく『残留』っていうのが第一だったんで、どちらかというとシンプルに守ってカウンターという形が多かったと思います。でもクラブ的にはもう一段階上にいくことを考えるはず。昨シーズンの選手が大幅に変わることはないと思うので、昨年のベースを基にどれだけプラスアルファをつけていけるかが重要ですね。

 今季の目標は、いきなり欧州リーグ出場圏内というのは難しいかな。フランスの場合、モナコとPSGがずば抜けていますからね。高い目標を持つことは素晴らしいですけど、現実的に自分たちに何ができて何ができないのかをしっかり見極めることが大事だから。もちろんうまくいけばそれに越したことはないですけど、まずは自分たちの足元をしっかり見て、昨季以上のプラスアルファを示して、リーグの中の上にいくことがポイントになってくるでしょう」と川島は冷静にクラブの立ち位置を分析する。

 34歳という年齢はGKにとって円熟期。とはいえ、若い頃からの絶対的武器だった反応の速さだけに頼っているわけにもいかないのが実情だろう。常日頃から自己研鑽を欠かさない川島はこれまで不得手だった走りのトレーニングも取り入れ、さらなるパワーアップを図っているという。

「これまでは走ったことなんてなかったけど、今は走るトレーニングも取り入れてます。ハリルさん(日本代表監督)の海外組キャンプで走らされたりして、その重要性を認識したこともあって、チームが見つからなかった時期も走っていましたし、今もシーズン中のトレーニング後にも15分程度はやっています。それを始めてから全然体調が違うし、疲れも抜けるようになった。それ以外の練習量自体も前よりは確実に増えてます。自分のメンタル面、フィジカル面がどうしたらいい状態を保てるかを常に考えながら、いろんなことにトライしています」

「信念がW杯につながってくれれば、そんなに嬉しいことはない」

 こうした取り組みの先に、GKとしての飛躍があり、日本代表での成功がある。過去2度のW杯のうち、最初の2010年南アフリカ大会ではベスト16進出と結果が出たが、2014年ブラジル大会では屈辱的なグループステージ敗退を余儀なくされた。その経験を糧に、先々の大舞台ではよりよいパフォーマンスを見せなければならないという思いは人一倍強いものがある。

「僕はレベルの高いところでやりたいっていう気持ちを持ち続けてきましたし、その思いがGKとしての自分をまた一歩成長させてくれると信じてやってきました。そういう信念がW杯につながってくれれば、そんなに嬉しいことはない。そのためにも、とにかくメスで試合に出続けなければいけないし、その中で得られるものを全て得て、成長し続けなければいけないと思います。

 2014年のブラジルW杯の後、僕は『あれだけ充実した4年間を過ごしてきたのに、なんで最後の本番で結果を出せなかったのか』とずっと考え続けてきた。答えを追い求めて、クラブのない時期を過ごし、スコットランドで降格を味わい、フランスでも試合に出られない時間を過ごしました。そういう時間の中で、『自分たちが未熟だったんじゃないか』とすごく感じるようになった。だからこそ、もっとやれることがあるはず。そう思いながら、まだまだ先へ進んでいきたいですね」

 際限なく高みを追求し続ける川島永嗣の新シーズンが始まった。

(取材・文:元川悦子)