岡崎慎司が所属するレスター・シティが8日、イングランド3部のコベントリー・シティに所属する20歳のFWジョージ・トーマスを獲得したと発表した。契約期間は3年間で2020年6月までとなっている。

 クラブは移籍金に関して発表していないが、英紙『スカイスポーツ』によると50万ポンド(約7200万円)ほどになったとのこと。最初に30万ポンド(約4300万円)のオファーを提示するも拒否され、2度目のオファーで50万ポンドを提示していた。

 スウォンジー・シティやニューカッスル、ブライトンやバーンリーとの争奪戦に勝利したことになる。トーマスは8歳の時にコベントリーアカデミーに入り、現在はチームの主力選手として活躍していた。ウェールズの世代別代表としてU-17欧州選手権大会に出場したこともあった。