マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーに所属する28歳のウェールズ代表FWガレス・ベイル獲得を断念した。8日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 前日にモウリーニョ監督は 「彼が(UEFAスーパーカップで)プレーするとなれば、それは彼が残留するという明確な信号だ。そうなれば私は獲得を考えない。もし、彼が計画に入っておらず構想外であるならば、出口に立っている彼を私は反対サイドで待つことになるだろう」と語り、状況次第で獲得に動く可能性があることを明かしていた。

 しかし、UEFAスーパーカップでベイルはスタメン出場を果たしている。試合後にモウリーニョ監督は「明らかにクラブは彼の残留を望んでいる。監督は彼を求め、彼もクラブを求めている。私にとってのゲームオーバーだ」とコメントし、ベイル獲得を断念した。