ドルトムントに所属する20歳のフランス代表FWウスマン・デンベレがバルセロナに移籍するかもしれない。その連日の移籍報道を受けて、ドルトムントの株価が上昇傾向にある。そして、バルセロナが獲得する場合は移籍金1億3500万ポンド(約193億円)必要であると、9日に英紙『スカイスポーツ』が報じた。

 同紙によると、バルセロナがデンベレを獲得する場合は1億3500万ポンド必要とのこと。前日に独紙『キッカー』は1億800万ポンド(約156億円)と伝えていたが、それを上回ることになる。いずれにしても高額な移籍金が必要になるが、ネイマール移籍によって巨額の資金を獲得したバルセロナにとっては大きな壁とならないだろう。

 一方で上場企業のドルトムントはオファーが届くたびにフランクフルト証券取引所に報告しなければならないという。デンベレの移籍報道はドルトムントの株価にも影響を与えており、現在上昇傾向にある。