ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。メインMCを務める小嶋真子が等々力陸上競技場で行われたJ1第20節、川崎フロンターレFC東京を取材。フォトグラファーを務めた小嶋がファインダーから見た景色とは?(試合取材:小嶋真子/取材・構成:浜川絵理)

フロンパークは「お祭りみたい」

 等々力に到着してすぐにフロンパークに行ったんですけど、すごくお祭りみたいでした(笑)。人がめちゃめちゃいて、屋台がいっぱい。しかも子供用のプールみたいなものもあったりして。子供がすごく多かったです。

黒いバニラソフトクリームのお味は?

 川崎フロンターレの選手が着用したユニホームが黒で、それを受けて黒いソフトクリームが売っていたので食べました。凄かったです(笑)。めちゃめちゃ濃厚で味は全然美味しかったけど、歯と舌が真っ黒になったから取材時には向いてないなっていう(笑)。でも美味しかったです。独特でした。

等々力競技場は「代表戦みたいな雰囲気」

 等々力は広くてびっくりしました! トラックがあったのが新鮮で、選手を撮るときは全然大丈夫だったんですけど、応援しているサポーターの皆さんを撮ろうと思ったときに少し撮りづらかったです。

 雰囲気も含めて代表戦みたいな感じがしました。サポーターの人たちとも距離があって、前回行った日立台が近かったからか観戦している感がすごくあったので、等々力はまた全然違うスタジアムだなと思いました。

こじまこはコムゾーがお気に入り!

 マスコットの写真もいっぱい撮りました。でも、FC東京のドロンパが1人だったから、すごく寂しそうで。相手が3人もいたから(笑)。でもすごく可愛かったです! 「何だろうこれ?」って思ったキャラクター(編注:コムゾー。川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーであるイッツ・コミュニケーションズ株式会社のマスコットキャラクター)がお気に入りです。

コーナーキック時はハラハラ!?

 コーナーキックをする場所のすぐそばで撮ったりしたんですけど、結構怖かったです(笑)。万が一コーナーキックをミスってボールがこっちに飛んできたらどうしようとか(笑)。結構ハラハラしました。でも格好良かったです、近くで見れて。

 あと写真を撮っていて分かったのが、選手がドリブルをしたりボールを自分で持っている時に背中で手でサインしている人がたまにいて。数字っぽいものを出していたりとか。『こんなことしてるんだ!』って思いました。指がそうなってしまったのかは分からないけど(笑)、私には合図のように見えました。ずっとズームしているから、すごく見えました(笑)

フロンターレの黒いユニホームは「新鮮だった!」

 そういえば、フロンターレの選手が黒いユニホームを着ていたんですけど、めっちゃ格好良かったです! あ、でもFC東京も川崎フロンターレもホームチーム感のないユニホームではありましたね(笑)。でも新鮮で良かったです!

ピッチでの臨場感がすごい!

 今回は前半はピッチで写真を撮って、後半は記者席からの観戦になりました。どっちも楽しかったんですけど、ピッチにいるときは、試合に関してはあまり集中して見れないかもしれない(笑)。撮ってるから。でも、臨場感は100%撮ってる方がありますね。

終了間際の谷口彰悟選手のゴールに興奮!

 試合後に取材エリアにも行ったんですけど、すごく綺麗でした! 新しい感じがして。

 生で見た中村憲剛さんと小林悠さんは……。華奢でした(笑)。客観的な感想ですが、近くで見たときはすごく華奢で、すらっとしてて、でもやっぱり格好いいなって思いました。

 プレー面で特に印象に残ったのは、やっぱり終了間際の谷口彰悟選手のゴール。凄かったです。 初めてダービーマッチを観戦しましたが、誰もが一度は行ってみたい試合だから嬉しかったです。他のダービーも見てみたい!

こじまこが次に行きたいスタジアムは?

 地方のスタジアムへは全然行けていないんですよね。ファンの方から「吹田に来てください」ってめちゃめちゃ言われます。それか、関東のスタジアムをとりあえず制覇してみるのも良いですね!
 海外だったら、観光も含めてだったらフランスとイタリア。これに関しては観光ですね(笑)。マドリードには、死ぬまでにいつか行きたいですね。