バルセロナのMFセルジ・ロベルトに対して、複数のクラブが関心を示している。スペインメディア『スポルト』が伝えた。

 FWネイマールパリ・サンジェルマンへ移籍したバルセロナは、再び契約解除金に悩まされることになるかもしれない。バルセロナは下部組織出身のセルジ・ロベルトの契約解除金を4000万ユーロ(約52億円)に設定しており、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーといった強豪が獲得に動いているという。

 セルジ・ロベルトはバルセロナに愛着があるものの、クラブは今夏、新たにネルソン・セメドを獲得した。これで出場機会が減少することになれば、25歳のスペイン代表は移籍を考えるかもしれない。

 複数のポジションを高いレベルでこなせるセルジ・ロベルトを失うことになれば、バルセロナにとって大きな痛手となりそうだが…。