現地時間12日にメキシコ1部リーグ第4節の試合が行われ、日本代表FW本田圭佑が加入したパチューカはティグレスと対戦。先制後に同点にされるもグティエレスのゴールで勝ち越しに成功し、パチューカは2-1の勝利をおさめている。

 リーグ開幕3連敗でスタートしたパチューカ。コパ・メヒコのケレタロFCでも0-0の引き分けに終わり、調子が上がらない状態が続いている。期待を寄せられてミランから加入した日本代表FW本田圭佑は、まだ試合に出場できていない状況だ。先日、自身のツイッターを通じて「3週間から4週間と聞いていたが、もう少し早く復帰が出来ると思う」とつぶやいている。

 試合は10分、サガルのゴールでパチューカが先制。しかし26分、ティグレスのジニャックに同点ゴールを決められてしまう。それでも79分、グティエレスのゴールで再び勝ち越しに成功した。結局、リードを守りきったパチューカが2-1の勝利をおさめている。