プロの主観を可視化する。AIが秘める無限の可能性

 昨今、事あるごとに話題になる「AI(人工知能)」。人間の仕事を奪ってしまうのではないか、といった懸念がある一方で、あらゆる分野で人間の生活を豊かにしてくれる可能性も秘めている。もちろんそれはスポーツ界も例外ではなく、すでに競技スポーツではAIの活用が進んでいる。AIでスポーツは人間の想像を超える領域まで進化するのだろうか。また、今後AIの進化をどのように受け入れていくべきなのだろうか。(取材・文:前田快)

——

 近年、様々な分野で活用されているAI(人工知能)。日々研究が進み、進化しているAIではあるが、スポーツにおいてはどのような可能性が秘められているのだろうか。

 既にスポーツの分野ではAIが取り入れられている。分かりやすいのは野球だ。例えば過去の膨大なデータを取得・分析することで、状況に応じてピッチャーの投げるボールの球種やゾーンを予測することができる。

 日本では馴染みのない取り組みだが、新興メディア「SPAIA」がほかに先んじてAIを導入している。同メディアは野球から開始しており、近い将来全スポーツをAIによって解析・予想する。運営元の株式会社グラッドキューブの金島弘樹代表取締役CEOは「これからは情報提供だけでなく予想を楽しむ時代になる」とその意義を語る。

 AIは無機質に思えるが、実際は少々異なる。その競技のスペシャリストや熟達者の知を次世代に伝えることも可能だ。プロの目線や技術データをAIに入れ込むことで、次世代の競技者へ何かしらの気づきを得る機会を提供することができる。

 例えば、プロサッカー選手がボールを持った時と、ジュニア年代のサッカー選手がボールを持ったときでは、見ているスペースが違う。ジュニアがもうひとつ上のレベルへ到達するためには、プロがボールを持ったときにどこを見ているのか、そして何を考えているのかを効果的に知ることは重要である。

 客観的データには表れないプロの主観(プロはその状況で何をしようと思ったか、頭の中でどのように選択肢の絞り込みを行ったか)は、スポーツをする上で重要な部分を占めており、そういった要素をSPAIAのAIが分析することで、次世代の競技者の技術力向上に繋がっていく。この主観を可視化することはAIの持つ大きな可能性のひとつである。

アメリカのスポーツ界に浸透したAI。一方、日本では…

 また、単にデータ総量が多くなれば正しいAI予測ができるとも限らない。過去10年分のデータを利用する場合より、直近の3年分のデータを利用した時の方が予測の正答率が高くなる場合もあるという。金島氏は「アスリートは10年で衰えることも、スタンスが変わってしまうこともある。それが正答率の差に関わってくる」と指摘する。

 AIはただデータを分析するだけではない。選手やチームがAIからはじき出された情報を利用しやすいように、プレーの良し悪しなどを機械学習させることにより客観的に評価して、付加情報を与えることもAIのできる仕事である。

 データ活用による影響が最も顕著なのはMLBだ。各球団はまだ能力が開花していない選手を分析して安く買い、能力が開花した後に高く売って多くの収益をあげるということに、AIを利用している。選手の成長予測という分野での活用だ。

 ただし、現状では日本におけるAIについての理解はアメリカほど進んでいない。AIを含め最新のテクノロジーには否定的な意見も多くある。特にジャッジ(審判の判定)への導入に関しては「人間味が失われて魅力が損なわれる」という声もたびたびあがる。

 人間がジャッジしている以上、スポーツにミスジャッジはつきものだ。そこで“ドラマ”も生まれるだろう。ただ、そのようなミスジャッジがなければ、より多くの人が納得する形での、新たなドラマが生まれるとは考えられないだろうか。

日々進化するAIの技術。今後の課題は日本での一般化

 金島氏はフィギュアスケートや格闘技を例に出し、「採点」の公平性を指摘する。

「格闘技では何回パンチを打って、そのうち何回が相手にクリティカルヒットしたのかを人が瞬時に判断するのは容易ではない。フィギアスケートにおいても、もともと実力のある選手には高い点数が出やすいといった側面がある」

 この選手なら大丈夫だろう、強そうといったイメージがジャッジに入り込む余地があるということだ。そういったジャッジの主観から少し離れて、AIが客観的なジャッジをできるようになると、見ているファンや選手自身も納得でき、スポーツ自体の魅力も上がってくるのではないか。

 AIは今後のスポーツのあり方を変える可能性を秘めている。競技者にとっては、よりレベルを引き上げるツールとして。また観戦者には、AIを使ってプロスポーツ選手がどのようにプレーしているのかなどの新鮮な見方・目線を分析することで、より豊かなスポーツ体験を提供できる。

 技術は日々進化しているが、あとは日本での浸透だろう。昨今の日本で「AI」はバズワードになっているが、アメリカではそうではない。既に一般化しているのだ。

 金島氏も「海外ではAIの認識・共感が広まっており、研究もかなり進んでいる。新しいことは悪いことではなく、AIがライフスタイルの向上につながるということを多くの人が少しずつでも知っていくことが重要」と語る。

 未開拓の部分が多い日本のスポーツ分野におけるAI。逆に言えばそれだけ大きな可能性があると言える。「AIブーム」に上手く乗ることができるか。スポーツ界全体が試されているとも言えるだろう。

(取材・文:前田快)