【メス 1-5 パリ・サンジェルマン リーグアン第5節】

 現地時間8日に行われたリーグアン第5節メス対パリ・サンジェルマンは、5-1でアウェイのパリ・サンジェルマンが勝利した。メスのGK川島永嗣はフル出場している。

 ここまで4戦4勝のパリ・サンジェルマンと、4戦4敗のメス。主導権を握ったのは、当然パリ・サンジェルマンだった。

 しかし、メスはGK川島永嗣が奮闘。好守を見せて失点を許さない。

 それでもムバッペをデビューさせたパリ・サンジェルマンの圧力は強力だった。31分、ネイマールが出したスルーパスにムバッペとともに抜け出したカバーニがボールをコントロール。飛び出した川島をかわして、無人のゴールに流し込んだ。

 だが、35分に川島が反撃。カバーニがフリーで放ったヘディングシュートを弾き、ファインセーブで追加点を許さない。すると37分、メスはリビエールのゴールで同点として折り返した。

 後半も良い入り方をしたメスだが、56分に流れが断ちきられた。アス=エコトがムバッペに対して後ろからタックルをしてレッドカードが提示される。足はボールに対して出ていたものの、そのままムバッペの足をかる形となり、メスは10人になった。

 数的優位となったパリ・サンジェルマンは、59分に勝ち越し。ムバッペがペナルティアークから強烈なシュートを突き刺して、移籍後初ゴールを記録する。

 こうなると試合は一方的な展開に。69分にネイマールのコースを狙ったミドルシュートで3点目が決まると、75分にはカバーニがこの日2点目を決めて4-1。87分には途中出場のルーカスにもゴールが生まれて5-1で試合終了となっている。

【得点者】
31分 0-1 カバーニ(パリ・サンジェルマン)
37分 1-1 リビエール(メス)
59分 1-2 ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
69分 1-3 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
75分 1-4 カバーニ(パリ・サンジェルマン)
87分 1-5 ルーカス(パリ・サンジェルマン)