現地時間17日にフランス・リーグアン第6節の試合が行われ、FCメスはアンジェSCOと対戦し1-0の勝利をおさめた。この試合前、FCメスに所属する日本代表GK川島永嗣はスタメン出場の予定となっていたが、急遽変更されている。17日に仏メディア『sofoot』が報じた。

 同メディアによると、川島は試合前のウォーミングアップ中に負傷したとのこと。そのためGKトマ・ディディヨンに変更せざるを得なくなったという。結局、試合はFCメスが1-0の勝利をおさめ、今季初勝利と共に今季初の無失点試合となった。

 川島は第3GKという位置づけだったが、昨季終盤から出場機会が増加。開幕戦から3試合はGKディディヨンが守護神を務めたものの、連敗が続いたため第4節のカーン戦から川島が守護神を務めることになった。ポジションを確保しつつあったが、不運な形で再びGKディディヨンにチャンスを与えることになった。