インテルは現地時間19日に行われるセリエA第5節の試合でボローニャと対戦する。日本代表DF長友佑都はこの試合で先発に復帰することになるかもしれない。

 インテルで8年目のシーズンを戦っている長友は、今季開幕からフィオレンティーナ戦、ローマ戦に2試合連続の先発出場。だが日本代表の試合から戻った直後の第3節SPAL戦に続いて、16日の第4節クロトーネ戦もベンチスタートとなった。

 最近2試合は今季新加入のブラジル人DFダウベールが左サイドバックの先発に起用されていたが、ダウベールはクロトーネ戦の後半に負傷。交代で出場した長友はインテルの先制点に繋がるフリーキックを獲得して勝利に貢献した。

 ボローニャ戦は中3日でミッドウィークに行われる試合ということもあり、ルチアーノ・スパレッティ監督は先発メンバーを多少入れ替える可能性があるかもしれない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』はいずれも、ダウベールに代えて再び長友が先発起用されるのではないかという予想を伝えている。

 クロトーネ戦に出場したことで、長友はインテルでの公式戦通算200試合出場を達成した。ボローニャ戦では3試合ぶりの先発復帰となるのだろうか。